ホーム
  ガイド、ドライバーへのチップについて

ガイド、ドライバーへのチップについて僭越ながらひとこと

チップの習慣のない日本で生まれ育った日本人にとって、チップ制度は限りなく理解しがたい性質のものだとお察し申し上げます。

欧米では昔から、正当なサービスに対して正当なチップで評価する、という習慣が定着しており、旅行ガイドブックでも必ず触れている、外国旅行に欠かせないマナーのひとつであることは周知の通りです。

ところが、同じ海外でも当社のような「日本人経営の会社」ではチップが不要なのでは、と思っている方が、とき折りいらっしゃいます。また、相手が寿司屋の板前さんのように日本人ならチップはいらないのでは、というのも同じことです。これは、実は大きな勘違いで、「その国の給与体系のもとでサービス業に携わるひとには、人種を問わずチップを払う」ということを理解していただかないといけません。事実、この国では人種によって、その扱いに隔たりがあると法律に触れてしまいます。

例えば、チップの習慣のない日本のレストランで働いている外国人ウエイトレスに、チップを払うでしょうか。答えは「ノー」です。なぜならば、彼らは、チップの習慣のない国で働いているわけで、どの国の出身というのは直接関係ないからです。

同様に、当社のガイド、ドライバー達も、雇用するときに人種はこだわっておりません。いや、法律的にこだわれないのです。日本から来た日本人と正確にコミュニケーションが取れること、すなわち日本語が読み書きできて、日本語を話して日本語の聞き取りができれば、人種は関係ないのです。事実、当社には、日本で生まれ育っていてもアメリカ国籍を持っている人、すなわち日系アメリカ人はたくさんおります。またもともとアメリカ人でも日本で育った人もおります。

これを書いている私も、日系アメリカ人です。

チップは、日本でいうボーナスのようなものとお考えください。すなわち、本来は会社の業務成績が良い場合の配当だったものですが、現在では、車や家を買うときも「ボーナス払い」があることで分かるように、働く者のたいせつな定期収入の一部となっています。アメリカでの「チップ」は性質的にはこのようなもののような気がします。

もちろんサービスの質が極端に悪い場合はチップを払う必要はありません。むしろ、チップを払わないことで、相手にその不満をアピールするチャンスでもあるのです。

しかしながら、期待していたサービスの水準に達していたら、あるいは期待以上のサービスだったら、その評価として正当なチップはお考えいただきたく存じます。

この国でサービス業に携わる人は、現に、チップ収入の高低が直接その人のサービス内容を反映するものと思って仕事をしています。ですからチップが多いと、サービスに満足してくれたんだな、と微笑み励みにし、少ないと、何が悪かったんだろう、と反省をする、そのような性質のものなのです。

最近は、お客様の中にも海外旅行におけるチップの認識が高まっているようです。お客様と予約上のやり取りをしている中で「チップはいくらぐらいが適当でしょうか」という質問を頻繁に受けるようになって来ました。ガイドと同じ会社の者という立場から、申し上げにくいのですが、やはりある程度の目安を知りたい、というご要望がほとんどを占めます。

そこで、あえて金額の提案をさせていただくとしたら、標準的には、定期観光ツアー(オプショナルツアー)の場合1人5ドル前後、送迎タクシーの場合、料金の 10 %程度、プライベートチャーターの場合1時間につき5ドル程度、という感じでしょうか。もちろんこの金額は目安ではありますが、特にプライベートチャーターについては、前日からお客様のために下調べをして、少しでも効率よくスムーズに運ぶよう、すなわちお客様に費用や時間のむだ使いをさせないような配慮をしているわけです。万全の準備を整え、時間と知恵を使ってサービスに臨むことが多いので、相応のチップは必ずお見積もりいただきたく、この場をお借りしてお願い申し上げます。

私の知る限り、ここまで詳しくチップのことを書いている書物は他に見当たらないようですが、ここまでお読みいただいたみなさまには、少しでも当地の習慣を理解していただければ、アメリカ旅行で恥をかくことなく、また日本人だから、といってレストランで末席に案内される、というようなこともないであろうと確信します。

シニア・セールス・マネージャー
ミッキー・北川



tip

ڡ


åץ



󥿥

EL MONTE RV

HERTZ



˥塼衼ΥĥϤ