ホーム > ラスベガス 

Park Tour/ラスベガス発/激安アンテロープキャニオン日帰り(96AN)
LAS/PT/Antelope 1-Day Tour

  問い合わせ・予約


1/15~3/25の期間はキャンペーン期間につき、アンテロープキャニオン日帰りツアーは2名様からの催行となります。

ナバホ族居留地にあるアンテロープキャニオンは、雨が降るたびに発生する鉄砲水が大地を削りとり、長い長い年月をかけて流れるような曲線を描き出した渓谷です。そこに降り注ぐ太陽の光が渓谷内を照らし、美しい芸術となっています。このツアーではアッパーとロアーアンテロープキャニオンの両方見学します。さらにレイクパウエルとホースシューベンド付きです。月曜 / 水曜 / 金曜 週3日

1月13日から1月26日の期間中、ローワーアンテロープが
メンテナンスにより閉鎖するためアッパーアンテロープキャニオンに変更になります。
出発 帰着 所要時間 大人 小人 最低催行
03:00 17:00 14時間 $299 $299 4名様
ここに紹介されている内容は、2011年2月のある日に催行されたツアーを再現したものです。ルートや時間配分などは季節や天候によっても大幅に変わり、その他の要素も含み合ってこの通りにならないことが多分にあることをご了承の上お読みください。実際は、大自然を楽しむために担当ガイドはその日の条件の中で最も適当と思うルートと行程でツアーを進めますので、あくまでご参加の目安としてお考えください。

内容詳細 03:00出発の例 写真をクリックすると拡大します
03:00 ラスベガスの各ホテルを出発すると、1時間ちょっとで早くもアリゾナ州に入って行きます。
じきに、「全米のフリーウェイで一番お金がかかったところ」と言われる、山を切り崩した部分に差し掛かりますが15分ほどで通過します。
7:15 ハリケーンシティに入り、Macでトイレと朝食セットのテイクアウトをします。1時間ほどカナブ(Kanab)に入ってきます。正面の丘は名犬ラッシーによく出て来た景色だそうです。さらに1時間ほどでナショナルモニュメントのGrand Staircase-Escalante(写真)が左手に見えてきます。
レイクパウエル到着まで最低2回のトイレ休憩を取りますからご年配の方でも安心してご参加いただけます。
Grand Staircase-Escalante
10:00 映画「猿の惑星」で最終場面で自由の女神が現れるシーンに登場した「レイクパウエル」に到着です。
ここでは写真を撮るためにちょっと休憩しましょう。このあとグレンキャニオンダム(出力120万kw)を車窓しながらアンテロープ・キャニオンに向かいます。
【レイク・パウエル】グランドキャニオンを流れるコロラド川の上流をせき止めて作った世界で2番目に大きな人造湖であり、このダム湖の全長は140kmにもおよびます。水が溜まり始めてから満水になるまでは実に17年もかかったとのこと。かつて渓谷だった複雑な断崖は100以上の入り江となり、赤い岩肌と青い湖のコントラストが美しくも不思議な光景を作り出してます。その現実離れした風景は、映画 「猿の惑星」 のラストシーン(自由の女神が砂浜に倒れていた場面をご記憶ですか)の撮影現場としても知られています。
猿の惑星のロケ地「レイク・パウエル」
10:30 グレン・キャニオン・ダムを通りかかるので写真撮影のため下車します。
【グレン・キャニオン・ダム】アリゾナ州ページにあるコロラド川のダム。人造湖でパウエル湖を作ります。高さ216m、幅475mで、1956年に建設が始まり1966年に完成。120万kwの出力を持ちます。
グレン・キャニオン・ダム
ロワー・アンテロープ・キャニオン(Lower Antelope Canyon)に1時間ほど立ち寄ります。
【アンテロープ・キャニオン】砂岩の侵食によりできた何百年にも及ぶ地層を形成した、言わば洞窟です。特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。その後長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は徐々に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の「流れる」ような特徴を形成して行きました。こうして独特の岩の通路が長い時間をかけ完成されたアンテロープ・キャニオンは写真家に人気の場所でもあります。
ロワー・アンテロープ・キャニオン1
エントランスから数メートル歩くと、ロワー・アンテロープ・キャニオン入口の大地の裂け目が現れます。はしごを降りてトレイル散策をお楽しみください。「美しい曲線を描いた渓谷」が目の前に広がります。渓谷内は広場のような開けた場所もあれば、人一人が体をよじらせないと通れないような狭い場所もあります。前の人に続いて歩けば迷子になることはありません。
ロワー・アンテロープ・キャニオン2
細く急なこう配があるので各自のペースでゆっくりどうぞ。入口から出口までは350m程度なのですが、キャニオン内のいたるところで写真を撮りたくなるので出て来るまで30〜45分ほどかかります。
ロワー・アンテロープ・キャニオン3
11:45 アッパー・アンテロープ・キャニオン(Upper Antelope Canyon)に1時間ほど立ち寄ります。
【アッパー・アンテロープ・キャニオン】エントランスからナバホ族運営のジープに乗り込み、さらさらの砂の道なき道を約10分走るとアッパー・アンテロープ・キャニオン入口に到着します。約45mもの切りだったキャニオン(渓谷)内に進入するととても幻想的な美しい情景が待っています。太陽が真上に来る時間帯が最も美しいと言われています。
アッパー・アンテロープ・キャニオン1
アッパーとロワーでは、同じアンテロープキャニオンといえども、形状が異なります。それぞれに違った美しさ、そして楽しさがあります。日本でも近年アンテロープキャニオンが大変話題になっていて、「大自然の芸術」にスポットがあてられています。世界中からプロのカメラマンがその美しいアンテロープを写したいと集まってきます。是非皆さんも自分だけのベストショットをカメラに収めてみてはいかがでしょうか。
この後ランチを取るために「Mandarin Gourmet」に立ち寄ります。
アッパー・アンテロープ・キャニオン2
14:00 約30分ドライブすると次の景勝スポット「ホースシューベンド」に到着します。
駐車場から荒野を約15分歩きます。歩いていると目の前の大地が突然消え、眼下にこのような風景が現われます。うっかり前を見ないで歩いたらそのまま転落してしまいそうです。柵も手すりも何もありませんから自己管理でお願いします。この写真は淵から1.5mほどのところから18mmの広角レンズで撮影しました。もう少し進めばもっと迫力のある写真が撮れたと思いますが、勇気がなくて行けませんでした。みなさんも無理をしないように。
【ホースシューベンド】コロラド川が大きく蛇行して馬の蹄(Horseshoe)のような形になっていることから「Horseshoe Bend」と呼ばれています。ホースシュー・ベンドとは、「馬のヒヅメの形に曲がった」という意味です。
ホースシューベンド
19:15 ラスベガスの宿泊ホテルに到着。

注意事項:こちらのツアーにご参加希望のお客様は下記のエリアにあるホテルまでご集合くださいませ。
お出迎え可能なホテルのエリア

■ラスベガス大通り内
マンダレイベイホテル~The Dまでの間にあるホテル
(除く:Elara・Cromwell・Linq・Casino Royal・Venetian・Palazzo・Encore)
■フリーモントエクスペリエンス沿道の各ホテル
上記以外のホテルをご希望の場合には事前にご確認くださいませ
追加注意 お膝に乗せられるより大きいサイズのお荷物はツアーへの持ち込みは不可でございます・ また 行きと帰りの場所は同じ場所にてお願いいたします。


ラスベガス発激安大自然ツアーシリーズには他に以下のようなツアーがあります。あわせてご検討ください。
ラスベガス発/激安グランドキャニオン・曜日限定陸路日帰り(96GB)
ラスベガス発/激安セドナ日帰り、ルート66のセリグマン付き(96SD)
ラスベガス発/激安アンテロープキャニオン日帰り(96AN)
ラスベガス発/激安デスバレー国立公園日帰り(96DV)
ラスベガス発/激安ザイオン国立公園日帰り(96Z)
ラスベガス発/激安ブライスキャニオン国立公園日帰り(96BC)
ラスベガス発/激安グランドキャニオン、モニュメントバレーとアンテロープ1泊2日(96MG)
ラスベガス発/激安セドナ、モニュメントバレー&アンテロープ1泊2日(96SM)
ラスベガス発/激安アーチーズ国立公園&モニュメントバレー&アンテロープキャニオン2泊3日(96AM)
ラスベガス発/激安グランドサークル2泊3日(96C3)
ラスベガス発/激安グランドサークル3泊4日(96C4)

グランドサークル広告


注意事項:
1、アンテロープキャニオンツアー出発前に必ずトイレを済ませるようにお願いいたします。 (ピーク時ではツアー
出発から戻るまで約2時間程)

2、夏場はキャニオンに入るまで日向にて待つ場合が多いので必ず水等の飲み物や帽子をお忘れなく。
尚、ロアーアンテロープキャニオンのKensTourの待合所にて水他、数種類の飲み物が購入可能です。

3、通常、外よりもキャニオンの中が何度か気温が低い場合が殆どですので体温の調節ができるような支度をしておきましょう。

4、ツアーに添乗するガイドさんによるグループの写真撮影禁止となっておりますがアンテロープキャニオンの現地ガイドさんが先導してベストなポイントにて色々な写真を撮ってくれます。他の参加者の邪魔に
ならない程度に意識して前のグループに入れるように心がけると驚くようないい写真を撮って貰えますよ。ツアー中はガイドから離れないようにお願いいたします。

5、ロアーアンテロープキャニオンには全く水道が引かれませんので手を洗ったり顔を洗ったりする事は不可能です。 必要に
応じて小型のウエットティシュー等があると便利かもしれません。 尚、仮設スタイルの固定トイレは有ります。

6、頻繁ではありませんがたまに風が強い時は砂でカメラとレンズが痛みますのでビニール袋や専用の防塵カメラカバーで保護 頭に砂が入る場合もありますので スカーフや帽子があると便利です。

7、自然の造形を後世に残すためにも下記の注意事項にもご留意くださいませ。
落書き、岩に登ることは禁じられております。 公園内は禁煙となっております。
セルフィースティック二脚などの利用禁止

8、移動中の安全のため両手が使える状態でのご参加をお願いいたします。

ツアーに添乗するガイドさんによるグループの写真撮影禁止
(事前にガイドさんよりつたえておかないとガイドさんが不親切だと誤解されますね。)


* 最近、遂にナバホ・フードトラックが二週間ほど前から設置されました。 そこではナバホ族の伝統的なフライドブレッド
やホットドックが購入可能ですが時期と時間に寄っては無い場合 ツアー行程によってはお時間がない場合があり得ますのでご了承ください。 因みにフライドブレッドは
小麦粉を練ったパンをふっくらと揚げたパンで厚めのトルティアのような形で蜂蜜を付けて召し上がって頂けます。

    問い合わせ・予約


Q&A
Q: キャンセルや参加日程変更をする場合の注意点を教えてください。 A:  キャンセルや変更をされる際には当社よりお送りした予約確認番号、お申し込みツアー、ツアー参加日、全員のお名前を明記の上メールにてご連絡ください。複数のツアーをご予約された方は、それぞれの予約確認番号、お申し込みツアー名を明記の上ご連絡ください。
 お客様からのメールをお受けしだい弊社より変更やキャンセルを受理したご通知をメールにて返信いたします。お申込者様におかれましては当社からの「受理通知」を受領されて、初めて「手続き完了」とご理解くださいませ。万が一当社から変更キャンセル受理通知がお申込者様に届かない場合はお電話かメールにてお問い合わせください。
 一度キャンセルした後、再度お申込みをご希望の場合、すでに満席などの理由でご希望に添えない場合も多々ありますからご注意ください。
Q: 逆に催行会社側からの「ツアー取り止め」というのはあり得ますか。 A:  大自然相手の国立公園が中心のツアーのため気象条件や道路状況などによりツアー時間の大幅な遅れ、変更、中止などがツアー当日に発生する事がありますので予めご承知おきください。また、事前にツアーキャンセルが確定した場合は、ご連絡先(日本ご出発後の場合ご宿泊ホテル)にご連絡させて頂きます。この場合は当然のことながらキャンセル料金は発生しません。すでにお支払いの場合は全額返金となります。
 ツアーは実施されましても気象条件が悪く現地での景色がご覧になれない場合がありますが、車が出発した以上、一部返金、全額返金等の処置はできませんので併せてご承知ください。
大自然のツアーのため、急激な天候の変化により目的地の眺望や観光がご希望通り叶わない場合がございますが、一旦ツアーに出発を致しましたらツアーは成立いたします。返金には応じる事ができませんので予めご了承ください。
Q: スーツケースは持って行ってもスペース的に大丈夫ですか。 A:  基本的には大小関わらずスーツケースの持ち込みはご遠慮いただいております。というのは満席だった場合、荷物用のスペースがほとんどないためです。しかしながら、席に余裕のある場合など、ある程度の荷物なら積める場合もあります。前日にお問い合わせいただければケースに応じてお答えさせて頂きます。ゴルフバッグ、ベビーシート、ベビーカー(ストローラー)も原則としてご遠慮いただいております。
Q: このツアーで特に注意することはありますか。 A:  写真の撮影スポットがかなり多く、予想以上に多くの写真を撮ることになると思います。メモリーカードや電池の予備、充電コードなどなどをお忘れなく。買い足そうとしても田舎道のため目当てのものは入手できないと思った方が良いでしょう。またデジイチを持って行く予定の方は、広角レンズがあると良いでしょう。大自然は予想よりきわめて大きく、入りきれないで困っている光景をよく目にします。特にホースシューベンドに立ち寄るコースの場合、14mmぐらいの超広角レンズがほしいところです。
Q: アンテロープキャニオンが雨で閉鎖されることはありますか。 A: ツアー催行日の前日または前々日に雨が降りますと、4輪駆動車でも走ることができなくなるくらい悪路と化します。そして当日雨天の場合は、鉄砲水が発生しやすく非常に危険な為、運営するナバホ族の判断によりアンテロープキャニオンは閉鎖されることがあります。ラスベガス出発前にこのことが分かっている場合が多く、そのときは参加予定のお客様全員にこのことを知らせた上でそれでも参加したいかお聞きします。もちろんこの時点で不参加または日程変更のご希望があった場合は代金はいただきません。その場合でもとにかく行ってみたいという方もあるでしょう。気象条件が悪くアンテロープキャニオンが閉鎖されている場合や、現地で思った景色がご覧になれない場合でも、出発後はツアー料金の返金はないことを予めご了承ください。本ツアーではアッパーとロアーの両方をご覧頂く予定ですが、ラスベガス出発後に天候などの関係により見れない場所があっても返金はできません。どちらか一方しでもご覧頂ける場合は、もツアー料金の返金や部分返金はありません。
大自然のツアーのため、急激な天候の変化により目的地の眺望や観光がご希望通り叶わない場合がございますが、一旦ツアーに出発を致しましたらツアーは成立いたします。返金には応じる事ができませんので予めご了承ください。
Q: 激安とありますが、激安を実現している理由は何でしょうか。 A:  様々な工夫をして安価な料金を実現しています。例えば、つぎのようなことが挙げられます。
(1)専任メカニックを社内に常駐させているので、車両のメインテナンスを自社ですることによって、1台1年間あたり20万キロ近く走る車のメインテナンス費用をぐっと抑えることが可能になりました。
(2)他社に比べて参加費用が安いため、人数が集まりやすく、満席になることが多いため、結果的に一人当たりの価格を大幅に下げることができました。
(3)ガイドにチップをお渡しいただくようにお願いしているので、ガイドから見ると「良いサービスを提供すればトータルな収入が増える」という好循環によって良いガイドが集まり、結果的にクチコミでお客様からお客様への宣伝が自然に生まれ、宣伝費用がほとんどかかっていません。
(4)現地(ラスベガス)から、ツアー催行前日になって1名、2名のお申込みも多く、翌日のツアーのためお客様も選択の余地がないことから、まだ空席が残っているツアーをお勧めし、結果的に満席で出発ということが多い。これは代理店販売に頼り切っている同業他社にはできないワザです。
Q: ラスベガスでのホテルが決まっていないのですが、その場合どのように予約したら良いですか。 A:  パッケージツアーに参加すると、出発直前までホテルが確定しないことがあります。その場合でも基本的にご予約は問題なくできます。ホテル名の記載が求められるところで適当なホテルを入れておき、「ホテルは未定なので後で知らせる」旨をお伝えください。稀ですが、ホテルのエリアによっては割増チャージ(ツアーやエリアによって異なります)がかかる場合があります。
 また、ラスベガスのホテルをご自身で予約するのであれば、ぜひこちら(アップルワールド)からご予約ください。アップルワールドは日本人に特化した東京の会社です。ウェブ予約の老舗で、外国発のエクスペディアやアゴダと違って料金表示(税別、税込など)やカードチャージ番号の知らせ方などについても日本人が心地良く使える工夫がたくさんあります。
Q: ツアー集合時刻に遅れた場合はどのような扱いになりますか。 A:  集合場所にいなかった場合お部屋にお電話したり、周辺を探したりある程度努力はしますが、集合時刻より5分経過した段階で、他のお客様への影響やツアー旅程への影響などを考え、出発することがあります。基本的にはすべてガイドの現場判断で行います。原則として、ツアー参加を希望しているのにもかかわらず指定の時刻に集合場所にいらっしゃらなかった場合は、当日キャンセルという扱いになります。お客様のスケジュールと当社の席に余裕があれば、翌日・翌々日などに振り替えてご参加頂くことができるかもしれませんが無料有料の別はケースごとにご相談という形になります。
 こういったことを防ぐためにも、特に高額の商品をご予約いただいた場合にダメージを最小限に抑えるためにも、事前に、現地で通じる携帯電話番号をいただくようお願いします。連絡さえついていれば先に他のお客様をお迎えに行き、ツアー出発前に戻ることなどができる場合も多いと思います。集合場所にいないということについて、いろいろ理由がある場合が多いとは存じますが、ツアーをスムーズに運行するということでご理解をいただければと思います。
Q: ブライスキャニオン国立公園とアンテロープキャニオンについての参考映像があったらご紹介ください。 A:


含まれるもの 含まれないもの
ラスベガスのご宿泊ホテルへのお迎え、帰着時のホテルへのお送り、各公園入園料、昼食、税金。 ドライバー兼ガイドのチップ(ツアー代金とは別途に1名5〜10ドル程度を目安にガイドさんに直接あげてください)、規定の食事以外のお食事代金、その他個人的に使用されるもの
注意事項 催行日
歩きやすく汚れても良い靴でご参加ください。
月・水・金曜日(週3便)
キャンセル規定 服装
出発日時の10日前から100%かかります。
カジュアル(夏期でも夜間は寒くなります)



ツアー催行会社:Park Tour Services Inc   問い合わせ・予約