ホーム > 空港送迎
  空港送迎
その他の交通機関とご注意
その他の一般交通機関のご案内

エアポート・シャトル

 空港の外周にエアポート・シャトルの看板があるので、その下に係員が常時待機しています。係員に行き先を伝え、所定の乗り合いバンが来たら乗せてもらいます。料金は人数によってスライド式に変わります。SUPER SHUTTLEとPRIME TIMEが有名。
 「住所の場所に正確に届けること」が彼らの任務なので、住所を頼りに送って行ってもらったらそこで降ろされます。家やホテルを再確認して離れる、なんていうことはしてくれません。初めて行く場所にはちょっと心配です。

 

▲エアポート・シャトル
【拡大】

エアポートバス(電話:1-800-772-5299)

 アナハイムの主要ホテルを結んで運行する定期バス。予約は不要です。本数が少ないので時間のない人にはやや不向きです。
 主要ホテルで降ろしてくれますが、行きたい場所に行かれるとは限りません。地理感覚のある方がご一緒なら問題ないでしょう。

 


流しの一般タクシー

 目的地に直行するので速いです。3人以上だとエアポートシャトルより安い場合もあります。ときおり、悪質なドライバーがいるので、必ず黄色のタクシーゾーンの乗り場から乗ること。
 悪質でないまでも、日本のタクシー運転手の質とは比べ物になりません。運転中に私用で携帯電話をかける、おつりがない、接客マナーがなっていないなんていうのはよくあること。またドアは自動ではありません。文化の違いを認識するのに良い機会かもしれません。

 

▲一般タクシーはいつも長蛇の列
【拡大】


フライアウェイ

 2006年春開業の空港専用バス。ダウンタウン、ユニオン・ステーションまで45分で直行します。$7という料金も魅力です。ただ基本的に駅至近に車を駐車していたり、駅まで家族が出迎える場合に利用されるケースが多いようです。
 地元の人には便利ですが、ユニオン・ステーションから先に重いスーツケースを持って移動するのは危険ですし、不便です。

(空港からユニオンステーションについた時のお支払いは 車内ではなく降車後にユニオンステーションのブースで後払いです。その場合 キャッシュを受け取りません。 クレジットカードをお持ちになっていただくほうが良いとおもいます。)
LAX FlyAway

 基本的に、エアポート・シャトルと一般タクシー以外は、乗り物を降りたところから最終地点のホテルまで徒歩になる可能性があるので充分に周辺の地理を把握している方のみにお勧めをいたします。

 

▲フライアウェイ
【拡大】


空港内におけるご注意

 ロサゼルス空港は、駐車違反に対してとても厳しく、絶えずポリスが巡回し違反車を取り締まっています。そのため、せっかくお電話いただいても、運転手からお客様が見えなかったとき、車寄せに一時停車して降りて探すことができません。一方通行の道路をもう一度回って来ないといけません。1周するのに込んでいるときは10分ほど要することもありますので、通りに面したところでお待ちいただき、お客様の方も車を注意して見ていていただくようご協力願います。
 


 ロサンゼルス国際空港は世界で5番目に離発着の多い空港です。そのため、いろいろな問題も起きやすいところです。寄付と称してアラビア系・アフリカ系の主に男性が近づき金銭を要求したりします。もちろん「No, sorry」と断れば問題ありません。言論の自由が認められているので追い出すこともできずに空港側も手を焼いているようです。
  また、親しげに声をかけてくる人(日本人の場合もあります)や、白タクは相手にしないでください。見知らぬ人に異常に親切なのは訳がある場合が多いのです。旅の最初は気持ちよくスタートしたいですからね。