ホーム > 空港送迎
  空港送迎(空港→市内観光→目的地)
お出迎えボードと乗合い市内観光付きでホテルまで
旅の始まりはロサンゼルス国際空港から……
空港お出迎え方法(その5)


お出迎えボードと乗合い市内観光付きでホテルまで
お客様のお名前ボードをお持ちしてお出迎えするサービスです。


このサービスの特徴
ロサンゼルス市内を効率よく回り最後は宿泊ホテルにお送りします。サンタモニカとハリウッド・ハイランドに約30分間ずつ停車します。センチュリーシティ、ロデオドライブ、ビバリーヒルズ、サンセット通りは車窓となります。

空港到着のほかのお客様をお待ち(最大30分)し、いよいよ出発します。
通常、国際線の場合は到着ロビーに、国内線の場合はバゲージクレームに係員がお迎えにあがっているはずですが、万一会えなければすぐにご連絡ください。もしかしたら他のお客様のケアで少しの間、離れているかもしれません。あるいはガイドも会えなくて探しているかもしれません。いずれにしてもオフィスとガイドは無線で連絡がつきますので、公衆電話からならコインを入れずに1-800-245-2386へ、携帯などからは1-213-612-0111へ日本語でお電話ください。
全員揃ったら、天候、治安、通貨などの基本事項をお話ししながらご出発です。
 

空港出迎えのイメージ
サンタモニカに到着です。約30分休憩します。
【サンタモニカピア】サンタモニカピアは、1908年に完成した桟橋です。ピアの先端まで行くとその歩んできた歴史が写真入りで分かりやすく展示してあります。この桟橋を中心に、ターミネーター2に登場したショッピングモール「サンタモニカプレイス」や、歩行者天国の「サードプロムナード」、そしてファッショナブルな通り「メインストリート」などが密集し、治安もよくのんびりと過ごすのには絶好の場所です。
 

サンタモニカピア
サンタモニカを出発すると約15分でセンチュリーシティ(車窓)です。
【センチュリーシティ】映画会社の20世紀フォックス(スターウオーズの制作会社として有名でしたが、近年では2億8500万ドルの映画史上最大の制作費を費やして作られた「タイタニック」が爆発的なヒットをした)のある美しい街です。この一角では、レーガン大統領の選挙本部になったセンチュリープラザホテルや映画「ダイハード」に登場した中富ビル、そしてミュージカルなどを上演しているシューベルトシアターなどを見ることができます。
 

ダイハードに登場したナカトミビル
10分も走るとビバリーヒルズの中心地、ロデオドライブ(車窓)に到着です。
【ロデオドライブ】南はビバリー・ウイルシャー・ア・フォーシーズンス・ホテル(プリティ・ウーマンやビバリーヒルズ・コップで登場した由緒あるホテル)から北へ約300mほどの小道です。セリーヌ、エルメス、グッチ、カルティエ、フェンディなどの一流店がずらりと並んでいます。
ビバリーヒルズは、元々はパサデナに移り住もうとやってきたユダヤ人が、先住の白人たちに迫害されて住むことができなかったため、当時まだ豆畑だったこの地に移住したのが始まりと言われています。
 

2ロデオ
サンセットストリップまたはメルローズ通り(車窓)を経由して映画の都ハリウッドに向かいます。
【サンセットストリップ】この界隈にはジョニー・デップと故リバー・フェニックス共同経営のクラブ「バイパールーム(Viper Room)」、ゴーゴーの発祥の店「ウイスキー・ア・ゴーゴー」、ライブハウス「ハウス・オブ・ブルース」、エディ・マーフィーのデビュー店「コメディストア」などがあります。
【メルローズ通り】可愛いワンピースが主体の「ベッツィ・ジョンソン」、セレブ出没率の高い「フレッド・シーガル」、日本でもお馴染みの「ポール・スミス」、チリドッグで有名な「ピンクス」など、一日歩いても飽きません。
 

サンセットストリップ
そして最後に、ハリウッド・ハイランド(約30分休憩)です。
【ハリウッド】もともと映画はニューヨークが発祥の地ですが、トーマスエジソンが、映写機を発明して以来、芸術家たちが天候の安定したところはないか、と捜し求めてやって来たのが、このハリウッドです。一年の90%以上は、雨の降らない晴天の日が続く訳ですから、当時の映画製作には絶好の地だったのです。ハリウッド・ハイランドの一角に位置する劇場、チャイニーズシアター前には、今は亡き往年のスーパースターから現在活躍中のスターまで、手型足型がたくさんあります。お気に入りのスターを選んで記念写真はいかがですか。

その後ご指定のホテルまでお送りします(市内観光は実質3.5〜4時間を想定していますが、諸処の事情により遅れることもあります)。
 

ハリウッド・ハイランド