ホーム
  特選レストラン情報

レストラン情報リストはこちらをクリックしてください。

初めて読むかたへ

 よく日本の観光客の方から「地元の人が行くようなレストランに行きたい」という要望を聞きますが、これはそのまま正直に受け取ると、本来の意味と多少ニュアンスの違う結果になりかねません。というのは、その地にずっと住んでいる地元の人が行って嬉しい店と、一時的に訪れた観光客が行って嬉しい店とは、自らテイストが異なるからです。
 また「従来のガイドブックなどでは紹介されていない、現地の人しか知らないステキなお店に行きたい」という声もよく聞きます。日本からのお客様が言う本来の意味は「日本から短期で来ている人に今まで薦めたレストランの中で、最も反応の良かったレストランに行きたい」となるのです。

jinshu
料理5

ご紹介するレストランの選択基準

 ロサンゼルスは140カ国以上のさまざまな民族が住む街として、カリフォルニア・キュイジーヌを始め、世界各国の料理を味わうことができるグルメの街としても有名です。中にはセレブの出没率も高い隠れ家的な存在のレストランもあり、この数多くあるレストランを旅行者の方にも楽しんでいただくために、このコーナーでは、現地で評判の高いレストランを順にご紹介して行きます。
 当社ライターが実際に行って食べてきたレストランを紹介していますので、正直な感想を書けるも売りのひとつです。ホスピタリティ、味、値段、ロケーションなどについて触れるのはもちろん、細かい部分も分かりやすく解説しました。

354
料理2

レストラン/スマート利用術【予約】

 一般に、ディナーは予約をしたほうがいいでしょう。言葉の自信がなければ当社で予約を無料代行していますから、遠慮なく日本語フリーダイヤル(1-800-245-2386)をご利用ください。
下記サイトもロサンゼルスのレストランを網羅しています。ぜひご予約のとき参考にしてください。
●dineLA(英語サイト) ロサンゼルス観光局が開設したレストラン紹介サイト。約1,400軒のレストランをエリア、料理のジャンル、レストランの形態、雰囲気などによって検索できます。
●Japanese Restaurant Info(日本語サイト) 日本食レストランを中心に1,000軒以上詳細情報を網羅しています。エリア、料理カテゴリーなどによって検索できます。

879料理4

レストラン/スマート利用術【服装】

 高級レストランにカジュアルな服装で行くと、その場の雰囲気を壊したり、場合によっては入店を断られたり、隅の方の席に座らされたりします。そのようなことにならないためにも、特に高級店に行くときの服装にはお気をつけください。高級店と見極める目安として「予算」があります。その店の1人当たりの予算を聞いて50ドル以上と言われたら、そこは間違いなく高級店です。この場合は、少なくともジーンズや綿パン、あるいはTシャツはまずいでしょう。襟のあるシャツにジャケットが無難です。

879料理4

レストラン/スマート利用術【子供連れ】

 米国では普通、ぎゃーぎゃー泣きわめいたりあたり構わず走り回るような(少なくてもその可能性のある)子供を高級レストランには連れて行きません。郷に入れば郷に従えということで、これはマナーとして頭に入れておきたいことのひとつです。レストランの中には乳幼児の入店を断る場合もあるので、予約の際に確認をすることをお勧めします。子連れの場合、ハンバーガーなどが中心のカジュアルなお店や日本食、中華、韓国料理(焼肉屋)の各レストランが無難です。
 また、ディナーショーは一般的に少々騒いでもよいお店が多いので、選択肢の一つとして入れておきたいものです。

879料理5


レストラン/スマート利用術【営業時間】

 米国のレストランでは一般的に、「営業時間は5PM~10PM」と書かれていたら、10時までに入店すれば食事ができる、と理解して良いようです。ですから実際に閉店して店から出なくてはならないのはその1時間くらい後と考えて問題ありません。日本の場合は「○時まで」となっていたら閉店時刻を示すことが多く、ラストオーダーは閉店の30分~1時間前というのが一般的ですから混同しないように。

879料理5


レストラン/スマート利用術【喫煙】

 州の法律でレストランでの喫煙は全面的に禁止されていますから、全席ノースモーキングとなります。どうしても吸いたくなったらビルの外など屋根のないところに出れば喫煙OKです。ただし、パティオなど、初めから屋根のないところなら例外的に喫煙OKです。また、喫煙愛好家のためにこれを売り物にしているレストランもあるくらいです。しかしながら2007年に入ってサンタモニカやビバリーヒルズなどではパティオでさえ禁煙の動きが見えて来ています。

879飲酒

レストラン/スマート利用術【飲酒】

 ビールやワインなどの酒類は21才以上となっています。若く見られがちな日本人はパスポートの提示を求められることも少なくありません。未成年者にアルコール類を提供すると店側は営業停止処分などの重いペナルティがあるため、慎重になっているのです。また、飲酒運転も日本よりずっと罪が重く、その疑いがかかっただけでその場で拘置所に連行され最低一晩帰してもらえません。保釈金は最低5万ドル(約600万円)も必要ですから、車の運転をするときは絶対に飲まないようにしましょう。ああるいは、飲む可能性のある場合はあらかじめ当社の日本語送迎シャトル(定額制タクシー)などをご予約ください。

879飲酒

レストラン/スマート利用術【保健所のレーティング】

ロサンゼルスのレストランには、店頭に写真のような表示を義務づけています。これは保健所がその店につけた衛生度の評価です。Aは超衛生、Bはまあまあ衛生、Cはちょっと不衛生、それ以下は点数がそのまま表示されています。最近はほとんどのレストランがAまたはBですが、稀にCがついているところもあります。表示が義務づけられているので、初めて入店するお客様にとっては参考になりますね。

 

879料理6

レストラン/スマート利用術【税金とチップ】

税金: 請求金額に一定(現在は8.25%)のセールスタックスが加算されます。勘定書をよく見ると、すでに計算されていることが分かります。場合によっては(特に我々外国人に対して)チップ(gratuityと記されていることが多い)として15~20%計上加算して合計金額を出しているレストランもありますから、勘定書を一通り見る習慣をつけておきましょう。

チップ: 米国のレストランでは請求金額に応じてチップを払うことが習慣になっています。よほどサービスが悪くない限りチップを置くのは最低限のマナー。特に、日本食レストランだとうっかり忘れることがあるのでご注意を。クレジットカードご利用のときは「TIP」の欄が空欄になっているので、適当(15~20%程度)な金額を記入するか、またはチップ分として別に現金で渡してもOKです。また、一般的に、店のポリシーとして、ある程度のグループ(通常6名以上)の場合、チップを15%~20%あらかじめ計算して足して来ることが多いようです。日本語ではチップと表記しますが正確にはティップと発音します。

879料理6

レストラン/スマート利用術【テイクアウト】

 日本のお店と比べると1人前の量が多いので注文のとき気をつけるようにしましょう。少なめに注文するくらいで丁度良いはずです。それでももし余ってしまったら「テイクアウト・プリーズ」と言えば、どんな高級店でも大衆店でも、写真のような容器を用意してくれます。遠慮は無用です。

879料理6

  特選レストラン情報リストはこちらをクリックしてください。


ڡ


åץ



󥿥

EL MONTE RV

HERTZ



˥塼衼ΥĥϤ

LAνλҾ򴹥