ホーム
  ロサンゼルスで入手できる日本語無料メディア
ロサンゼルスは海外でも有数な日本語無料媒体の激戦地ではないでしょうか。100年以上続いているものから創刊したてのものまで、また日刊から年刊まであらゆる種類が揃っています。媒体名をクリックするとオフィシャルページにジャンプします。下記の情報は2009年2月現在。
★Lighthouse(月2回)

 毎月10日と25日に発行。特集に加えて、映画情報やニュース、その他コラムなどを掲載。
 公称部数 50,000部
 創刊年月 1989年4月
 経営母体 TAKUYO CORPORATION
 電話番号 310-782-1260

★JPy(隔月刊)

 LA在住日本人および、日本からの旅行者、日本在住で海外生活に憧れを持っている女の子を対象に、レストラン、カフェ、ブティック等の 生活情報や観光情報を紹介する情報発信メディア。
 公称部数 30,000部
 創刊年月 2007年9月
 経営母体 Speaking Eyes & Co.
 電話番号 714-492-0837

 

Lighthouse

★Front Line(月2回)

 全米向けの無料雑誌。全米のニュースや特集を掲載。日米間最新ビジネス動向や政治・経済状況など、常に豊富な話題を日本語で提供している。
 公称部数 55,000部
 創刊年月 1992年
 経営母体 U.S. FRONT LINE NEWS
 電話番号 310-922-9090

★Lovest(月刊)

 女性向けコンテンツの無料雑誌。ダイエット、アンチエイジング、コスメ、サプリなどの題材が多い。
 公称部数 30,000部
 創刊年月 1998年7月
 経営母体 RYOU ENTERPRISES, INC
 電話番号 310-538-4122

★日刊サン

 ロサンゼルス、ニューヨーク、ハワイほか全米日系社会で幅広い層より支持を得ている日本語無料新聞。日本のサンスポと特約しているため、内容はスポーツ・芸能関係の色が濃い。日曜を除く毎日発行。
 公称部数 120,000部(各地合計)
 創刊年月 1984年4月
 経営母体 共同通信社
 電話番号 213-617-3670

 

Front Line
★Weekly LALALA(週刊)

 毎週金曜日発行。日本の芸能ニュースと現地のローカルニュースを中心にロサンゼルス、サンディエゴ、ラスベガス、フェニックスの各主要都市で配布。
 公称部数 50,000部
 創刊年月 2003年 8月
 経営母体 Weekly LALALA, LLC.
 電話番号 310-329-1533

★羅府新報(日刊);有料

創刊は100年以上前。以来、米国内で発行されるエスニック新聞のリーダー的存在 で、現在、海外で発行される日英両語の新聞としては知名度の高い新聞。AP通信、南カリフォルニアのCNS通信、日本の時事通信社と共同通信社の配信ニュースを含め、幅広い情報を提供する。
 公称部数 45,000部
 創刊年月 1903年4月
 経営母体 羅府新報 
 電話番号 213-629-2231

 

Weekly LALALA
日系企業イエローページ

日系スーパーマーケットや日系書店などに置いてあり無料で誰でももらえます。 年に一回発行されており、日系の病院や会社などの情報が分野別に掲載されていて日本の職業別電話帳(ハローページ)と同じ役割をします。 加えて、衣食住に関する情報や生活に欠かせない情報も載っているので、生活便利帳としても非常に役立ちます。 持っていると何かと便利なので最新版を見かけたら必ずゲットしておきましょう。

★羅府テレフォンガイド(年刊)

 日系社会でもっとも歴史が長い電話帳。インフォメーションページも総領事館の案内、自動車運転免許筆記試験の問題集、エンターテインメントやレジャー関連情報も豊富。ラスベガス、サンディエゴ、パームスプリングスまでカバーする。
 公称部数 65,000部
 創刊年月 1982年4月
 経営母体 Japan Publicity Inc.
 電話番号 310-515-7100
 

羅府テレフォンガイド






ڡ


åץ



󥿥

EL MONTE RV

HERTZ



˥塼衼ΥĥϤ

LAνλҾ򴹥